ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

福岡ハビタット研究会



いのちの水プロジェクト

アジア太平洋地域における「いのちの水」プロジェクト

現在、世界の5人に1人(約12億人)が安全な水を飲めず、また、開発途上国に住む約26億人がトイレなどの衛生施設を利用できない危機的な状況です。
国連ハビタットは、アフガニスタン等において「いのちの水」プロジェクトを実施している他、スラム改善事業のための「水と衛生」に関する事業を展開しています。
人々が安心して水を飲み、安全に暮らせる「まち」を目指した活動に皆さんも参加しませんか?


本文のはじまりです

福岡ハビタット研究会とは

福岡ハビタット研究会は、国連ハビタットが対応する居住問題に関する取り組みを幅広く調査・研究することを目的とし、九州大学人間環境学研究院の協力を得て2004年4月1日に設立した任意団体です。

これまでアジアの都市分析調査、アジアの都市化・都市成長に関する研究や参加型居住環境整備に関する研究等を実施してきました。2007年に至り、一般市民の方々から、いのちの水事業に対する募金活動や啓蒙・普及活動にも力を入れるべきではないかとの助言があったことから、2008年3月31日に定款を改定し、調査・研究活動に加えて、広報活動や募金活動も実施することになりました。特に、「いのちの水」事業につきましては、国連ハビタットと協力しながら、アジア太平洋地域の安全な水の供給を支援しています。

国連ハビタット

福岡ハビタット研究会の活動

いのちの水プロジェクト

2008年7月から「いのちの水」プロジェクト募金支援キャンペーンは開始されました。「水」に関する深刻な問題の周知を図るために、沢山の方々からご支援・ご協力をいただいております。
集まりました浄財で、2010年度は、ミャンマー、中国にて、国連ハビタット福岡本部が「いのちの水事業」を実施しました。
2011-2012年は、ラオスにて、国連ハビタット福岡本部が「いのちの水事業」を実施しました。2013‐2014年は、ネパール・ラオスにて同事業が実施される予定です。

詳しくはこちら

ハビタットカレンダー募金

2017ハビタット・カレンダー募金を開始いたします。
1口1,000円の募金で、もれなく1部を進呈します。制作費等を引いた浄財は、国連ハビタット福岡本部がアジア太平洋地域で実施する「いのちの水」事業で使用させていただきます。
引き続き、皆様のご理解・ご支援をよろしくお願いいたします。

2017ハビタット・カレンダー募金(PDF形式 359kB)



協力するには

ネパール緊急募金 2015 Nepal earthquake

緊急募金を立ち上げ、2015年8月14日をもちまして、募金の受付を終了いたしました。今回の募金では、総額9,943,494円が集まりました。皆様のご協力・ご支援、大変ありがとうございました。 今後国連ハビタット福岡本部と協議の上、現地での支援内容を確定してまいります。

募金したい

「いのちの水」プロジェクトに関する募金の受付は、下記のとおりです。皆様のあたたかいご協力を宜しくお願いいたします。

福岡銀行  博多支店  普通口座 : 2054741
口座名 : 国連支援  福岡ハビタット研究会

※お振込頂いたご寄付の領収書が必要な方はご連絡下さい

募金箱を設置したい

「いのちの水」プロジェクト募金の募金箱の設置にご協力ください!
学校、職場、コンビニエンスストア、飲食店、病院、ホテル等での設置をお願いしております。また、短期間のチャリティ会場等での設置も可能です。
この募金キャンペーンを通じて、世界規模で「水と衛生」に関する問題を身近に感じ、国連ハビタットの活動を広く周知して頂く目的もあります。

詳しくはこちら

ハビタット・ボランティアに参加したい

ハビタットボランティアは、国連ハビタット福岡本部の活動を支援しています。主な活動は、広報活動と募金活動の協力です。広報活動は、絵画コンクール、イベント、展示会、講演会のお手伝い等。募金活動は、募金箱設置、ハビタットカレンダー募金の周知等です。
気軽に活動に参加してみませんか?

お問い合わせ

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

  • 電話:092-724-7121
  • FAX:092-724-7124

メールによるお問い合わせ

所在地
〒810-0001
福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡8階

本文のおわりです